まず始めに、新型コロナウイルスが猛威を振るう中、日本国民の皆様や罹患された方々へ深くお見舞いを申し上げます。また最前線で対応に当たっていただいております、医療福祉機関の皆様へ心より感謝と敬意を表します。

パール訪問看護ステーション岩槻のホームページをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。
また日頃より地域の皆様、医療福祉関係機関の皆様のお力添えにて当ステーションが運営出来ていることに心より感謝申し上げます。

現在、新型コロナウイルスが全世界で猛威を振るう中、国内でも医療機関等でも数々の対策がとられながら、国民が一眼となって協力し、この難曲を乗り切ろうとしております。その中で我々、訪問看護リハビリステーションの重要性について、より多くの方にご理解を承れましたら幸いです。

訪問看護リハビリステーション(以下略称にて訪問看護リハと記載させていただきます。)は、利用者様が医療機関(急性期、慢性期、回復期といった病棟)から退院され、継続して医療処置の提供や観察、機能低下にならないようにリハビリテーションを行い、ご家族様と協力しながらケアを行わせて頂く為にあります。とくに病院療養と違うのは、ご家族様のご家庭での日常生活を第一に尊重し、ケアやリハビリに介入させていただくことです。

ご利用者様、ご家族様が慣れ親しんでいるご家庭で、疾患や機能低下を受け入れ、共存しながらご自分らしさを持って生活できる事を念頭に日々考え、皆様と相談しながら訪問させて頂いております。また訪問看護リハは、利用者様、ご家族を取り巻く環境を全体的に把握し、他の職種の方々(主治医、ケアマネージャー、医療福祉相談室など)と密に連携を取りながら、地域で全体像でご利用者様とご家族様を見守り、適切な医療福祉サービスを受けられるように体制を整えております。

皆様とスクラムを組んで、ご利用者様の生きがいや人生を振り返りながらこの国の礎を築いて下さった皆様とともに未来を築いていけるよう、感謝の気持ちを忘れずに、そしてご家庭や地域で安全に生活ができるよう、今後も地域に貢献できていければと私達一同考えております。

ちなみに当ステーションの名前である「パール」という意味は、宝石のパールですが、石言葉として「大切な家族や友人たちに対する愛情・健康・長寿・富・完成」という意味合いをもっています。私達は、ご利用者様やご家族様、そして支えてくださる皆様が健康で思いやりをもって過ごせることを願っており、その意味を込めまして、「パール訪問看護リハビリステーション」という名前で開設致しました。

また私達には以下の事を念頭に社員一人ひとりが「人」に対する優しさ、思いやりを第一に皆様と交流をもたせて頂いております。

当ステーションの理念は

理念

「まず相手のことを考える」

「足るものが足らず」

ビジョン

「私たちは、利用者様・ご家族を始め、地域の皆様の困りごとを解決できる会社でありたい」

ミッション

「私たちは、利用者様が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしい生活が送れるように支援します」

地域の皆様とともに、人の温かみをもって交流させていただき、一緒に手をとって歩んでいきたいと思います!

このようなご時世でございますので、不安な日々を皆様お過ごしかと思いますが、健康に御留意頂き、この難曲が一日でも早く乗り越えられるように願い、そして心よりお祈り申し上げます。私達スタッフ一同、感染対策に十分な対策を留意しながら、明るく、皆様の「心」に寄り添えるよう、日々邁進してまいります。

当社は、まだまだ開設させて頂き、日が浅く未熟な部分も多々ありますが、皆様のご指導・ご鞭撻を承りながら、経験豊富なスタッフ共々と共に皆様に近く寄り添えるような人間味あふれるステーションとして成長していきたいと思っております。その中で皆様のお一人お一人の大切なご意見が成長の大きな糧と考えておりますので、厳しい意見等も含めまして真摯に受け入れ、皆様の為の訪問看護リハビリステーションとして、成長して行く所存で御座います。

今後とも「パール訪問看護ステーション岩槻」を宜しくご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

おもちのり株式会社

パール訪問看護リハビリステーション岩槻

代表取締役:秋山 佳子

ステーションスタッフ一同